完全未公開書き下ろし ティアマリア・エステミロワ外伝を無料でダウンロードできます。

ティアマリア・エステミロワ外伝 親衛師団長令息イワン・アベジヤーナの無料配布を始めました。

すでにティアマリア・エステミロワ第1巻を読まれた方ならご存じでしょうが、最後の方にイワン・アベジヤーナという主人公の少女を輪姦しようとするキャラクターが出てきます。彼の幼いころの物語を、外伝として書下ろしました。誰からも好かれなさそうな悪役の視点から書いてみるというのも、僕自身が気づかなかった物語の深みを知ることができ、短いながらも印象的な作品になったと思っています。

下の画像をクリックすれば、彼の初恋と複雑な心情が垣間見える、ティアマリア・エステミロワ外伝がダウンロードできます。
ぜひ読んでみてください。

201712c795f3899515640d.png

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

3月の売り上げ

平成30年3月は、KDPを始めて以来もっとも読まれた月になった。
販売数は合計8部

これが現実である。
現実を受け止めるところから目標も作戦も決まる。

KENPは合計11779
内訳は、

オールド・スパイダーが3680
ティアマリア・エステミロワ第2巻が1414
ティアマリア・エステミロワ第3巻が1629
僕とオタクと神様で女子中学生を奪いあう。が686
餓獣が313
新刊のベイビー・チェンジングは4057だった。

無料のティアマリア・エステミロワ第1巻は87DL
ベイビー・チェンジングの無料セールで305DL

この売り上げで専業作家として食っていくことなど到底不可能だが、闘う相手は先月の自分である。
そして、誰に向けて書いているのかを忘れてはいけない。

僕は、僕自身に僕の最も読みたい物語を提供するために書いている。

そんな物語たちが、少なくとも数百人の人々に読まれていることは、もしかしたら驚くべきことかもしれない。

「ベイビー・チェンジング」は上々の発進。

ベイビー・チェンジングを3月2日に発売開始した。
初日から大いに反応があり、久しぶりに1日1冊以上売れて喜んでいる。

セルフパブリッシングで毎日1冊以上売れているひとは、かなりの成功者と言える。
哀しいことにそれが現状である。
とはいえ、収入元がそれしかないなら危機的ではあるが、正業の収入で生活の心配をしないで書けるのでとてもよい。
ヨーロッパの文豪も貴族で収入の心配をしないでいいひとたちが、趣味として書いたものが現在まで残っている。

稼ぐということについて、電子書籍が出てきてから、本を売るというモデルが大きく変わっていると思う。
今は本は無料にしてPVを集め、広告収入で稼ぐというモデルもある。
僕はKDPでAmazonの軒を借りて売っている状態だが、無名である以上はやむを得ないと思う。

作品が売れてほしいのはもちろんだが、将来新たな作品を出すことを保証してその将来性に投資するシステムとかないだろうか。
あとは、投資したひと限定の作品とか。

稼ぐシステムの検討よりは、ひとつでも作品を書きたいと望む。
搾取されやすいタイプだなと自分でも思う。

というわけで、表紙画像をクリックすれば販売ページに飛べます。
ぜひ買って、もちろんKindleアンリミテッドでもいいので読んでください。

cover1.jpg

「ベイビー・チェンジング」予約販売開始。

本日2月24日から、ベイビー・チェンジングの予約販売を開始した。
下記にAmazonでの紹介文を引用する。

絡み合う、秘められた想い。

幼いころ、熊本で過ごしていた赤星清美は、兄の同級生である古庄綾に恋心を抱いていた。
17歳になった今、綾とひとつ同じ屋根の下で住んでいる。
綾は、兄の妻だったからだ。

夏休みが始まったある日、清美の身体は兄の息子である央明と入れ替わっていた。
始めは混乱するものの、央明の身体を存分に利用して、綾の乳を吸い、いとこであるほのかとすみれと一緒に風呂に入るなど、欲望の限りを尽くす。
しかし、赤ん坊になって知ったのは、綾の奥底に秘められた殺意だった。

次の日の朝、葛葉と称する炎の狐が現れ、今日の夕方までに清美の身体を取り戻さなければ、清美も央明も死ぬと告げられる。
言葉もしゃべれない、歩くこともできない央明の身体で、どうやって清美の身体を取り戻すのか。

清美と央明に呪いをかけたのは誰なのか。
綾の殺意の源は。

すべての謎は、豊原稲荷で明かされる。


紹介文はけっこう重いが、ライトでエッチな物語を書こうとして始めた作品である。
今気づいたけれど、主人公の清美は男である。
この名前がラストで意味を持つが、実を言えば書いたときの思いつきである。

表紙画像をクリックすれば、販売ページへ飛ぶので、ぜひ3月2日にはお持ちの端末に自動でダウンロードされるよう、買っていただきたい。

cover1.jpg

新作「ベイビー・チェンジング」発売決定。

またいつのまにか新作を書いていた。
といっても、足かけ2年の作品である。

ベイビー・チェンジング。

もう表紙も依頼を終了した。
ティアマリア・エステミロワシリーズの表紙を描いていただいているY様である。

cover1.jpg

どうだろうか。
直接依頼をしたわけではないのだが、Y様はその超絶技巧でコンペを勝ち取った。
あらゆる部分でインパクトありすぎの表紙である。

最初は、赤ちゃんとエロ男子高校生が入れ替わって欲望の限りを尽くすという、ルナ先生とかOh!透明人間とかそういうものを目指していたはずだった。
しかし、プロローグを書いているうちから「これはそんな話にはならないのではないか」と懸念を感じつつも、面白いと信じる方へ書き続けていった。

結局、赤ちゃんと身体が入れ替わって欲望の限りを尽くすという部分は丸々残したまま、キャラクター同士の情念が絡み合うライトではない物語になってしまった。
むろん、面白い。
僕が面白い、読みたいと思う要素がたくさん詰めこまれている。

ベイビー・チェンジングは2月24日(土)に予約販売を開始、3月2日(金)に発売予定である。

売り上げを見る限り、僕の読者はオールド・スパイダーとティアマリア・エステミロワを期待しているようなのだが、ベイビー・チェンジングのみならず他の作品も面白いので買ってください。

最近の売り上げの様子

昨年の10月から、電子書籍のダウンロード数が伸びている。

きっかけは、ティアマリア・エステミロワ 第1巻をプライスマッチで無料にしたことである。
それに伴い、12月までの稼ぎ頭はティアマリア・エステミロワ 第2巻で、次いでオールド・スパイダーだった。

12月に発売した僕とオタクと神様で女子中学生を奪い合う。は、その面白さに見合わず伸び悩んでいるが、オールド・スパイダーがWITノベル部門に応募してから伸び始めた。
応募作品をこのように見ることができるので、読んでみようと思うひとが多いのかもしれない。
まことにありがたい。

1月20日にはティアマリア・エステミロワ 第3巻を発売した。
発売期間の短さにも関わらず、2巻と同じぐらい稼いでいる。
しかし、オールド・スパイダーは、ティアの2巻と3巻を合わせたより読まれていた。
年末年始にかけてのオールド・スパイダーの伸びは凄まじいものがある。

懸念事項は、無料のティアマリア・エステミロワ第1巻のダウンロード数が下降傾向にあることだ。
それでも1月は100DLを超えたものの、11月をピークに下がり続けている。
3巻を発売することでテコ入れになると思ったが、まだ判断できない。

正直なところ、ティアマリア・エステミロワ第1巻の4か月間のDL数は750である。
2巻、3巻へと有料でも続きが読みたいというひとは、思ったよりも少ない。

とはいえ、僕は読みたいものを書き、好みの表紙を採用し、読者を集めるためにいろいろな工夫をする。
単にそれが楽しい。
たくさん読まれればもっと楽しい。

これからも、書き続け作り続ける。

今年の目標と「ティアマリア・エステミロワ第3巻」発売について

あけましておめでとうございます。
このブログを読んでくれる数少ない皆さんには、本年もひいきにしていただければ幸いです。

さて、今年の目標は、前年から始めた小説体力の強化を引き続きしようと思います。
前年、最終的には1か月40000字を書くことができたので、当初の目標である60000字を目標にします。
書く量が問題ではないという意見もあると思いますが、ある程度以上の量がないと、質的変化が起こらないと信じています。

この書く量を踏まえれば、「ティアマリア・エステミロワ」は3巻分、その他の長編を3作書くことができます。
構想ができているのは2作ありますので、まったく未知の長編にひとつ挑むことができれば御の字でしょう。

次に、昨年の大みそかに電子書籍化作業を終了したティアマリア・エステミロワ第3巻は、30年1月20日に発売します。

Amazonの紹介文を転載します。

極限の悪意。

アナスタシアとアレクセイの陰謀を、ティアマリアは偶然知ってしまう。
それは、試験選抜者たちを士官学校から放逐し、ティアマリアを死を願うような目に合わせるというものだった。
ティアマリアはリュドミラの力を借りて、試験選抜者たちに結束と対策を呼び掛けるが、己に恃むところの多い彼らは力を合わせようとしない。

試験選抜者は、ひとりまたひとりと大陸軍士官学校から姿を消していく。
貴族たちの巧妙な方法に、ティアマリアたちはなすすべもなく戦力を減らしていった。

そして、リュドミラの幼なじみアンゲルが士官学校を去ったその日、リュドミラは夢を見た。
故郷で、アンゲルとの初恋が生まれた日。
優しい父と母に囲まれた穏やかな日々。

そのすべてを失った、戦争という極限の悪意。

試験選抜者たちとリュドミラの、秘められた過去の物語。


どうでしょうか、読んでみたくなりませんか?
山田風太郎の忍法帳シリーズで、異能キャラの団体戦がよくありますが、それを意識しています。

まだ読んでいない方は、1巻は無料なのでぜひ読んでみてください。

予約販売のリンクは、以下の表紙をクリックしてください。

web小説表紙③1_a

表紙は子供から大人になりかけている時代のリュドミラとアンゲルです。
いつものY様に依頼したのですが、1巻、2巻と重厚な雰囲気とはうってかわって、いいアクセントが出ていると思います。
ぜひ表紙につられて買ってください。

平成29年、どれだけ書いたか。

平成29年、どれだけの執筆活動をしたか振り返ってみたいと思う。

今年の目標としては、執筆体力をつけることを重視した。
具体的には、ひと月に30000字から始まり、最終的には60000字をコンスタントに書けるようにすることである。
振り返ってみると、30000字を突破するようになるまで半年かかった。
10月と11月は、40000字を突破した。

去年を振り返ってみれば、大きな進歩であると思う。

次に、創作したものについて。

電子書籍は、

ティアマリア・エステミロワ第2巻
僕とオタクと神様で女子中学生を奪い合う。

以上の2冊を販売。

書き上げた作品は、

ティアマリア・エステミロワ第2巻(251枚)
ティアマリア・エステミロワ第3巻(266枚)
男子高校生と赤ちゃんが入れ替わるエッチな話(仮称)(300枚)
花嫁人形(34枚)
最初の小説(89枚)

以上の5作品。
「僕とオタクと神様で女子中学生を奪い合う。」は4年前書いたものの改稿なのでカウントしていない。

「ティアマリア・エステミロワ第3巻」は来月発売予定。
「男子高校生と赤ちゃんが入れ替わるエッチな話(仮称)」は、賞に出すか電子書籍にするか検討中。
「花嫁人形」は北日本文学賞に投稿するも1次落ち。
「最初の小説」は賞も電子書籍も予定なし。

あと、オールド・スパイダーWIT STUDIO賞 WITノベル部門に応募した。

長編を3作、短編を2作仕上げることができたのは、おおむね満足である。

昨年、執筆する者として最低限のことしかできなかったことを考えると、今年はまあまあだった。
来年は、ティアマリア・エステミロワ第4巻~6巻のほか、長編3作またはいくつかの短・中編を書き上げたい。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

ブログを書かない間に新作出してます。

ブログを更新するのは久しぶりだが、その間にも12月1日に1冊出版した。

人生初のラノベに挑戦した。
テンプレではないが、異世界ものではある。

森見登美彦の「四畳半神話大系」「夜は短し歩けよ乙女」にインスパイアされていることは確かである。
ただし、上記作品よりは毒が強くて生臭いと思う。

あらすじはこうだ。
函館にある北大水産学部に所属する腐れ大学生春田星輪は、家庭教師のバイト先で出会った中学1年生の少女、夏川恵子に一目ぼれする。
最初から敵対的な父親の夏川氏、横恋慕する幼女アニメとエロゲーオタクの秋山、自称シャチの陸上自衛官冬木も恵子争奪戦に加わり、さまざまなドタバタが函館の存亡を左右する異世界の冒険へとつながっていく。


ずっと笑えて、終盤は熱い。
僕としては珍しくエンタメのみを意識して作り上げた作品である。

表紙は中村愛梨さんが面倒な要求にも応えてくれて可愛らしいものを仕上げてくれた。
クリックしてぜひ読んでもらいたい。

cov.jpg

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

映画「三度目の殺人」を見に行く。


また仕事を休んで映画を見に行った。
三度目の殺人である。
LfVElZ7QUF.jpeg

見終わったあと、三度目の殺人事件は起きなかったなあ、としばらく考えていたが、三度目の殺人は「事件」ではなかった。
映画評論家のようにネタバレせずに感想を書くことは困難なので、以後は白抜きにする。
映画を見る前に内容を知ってもいいというひとは反転してほしい。

【以下ネタバレ】
役所広司が三度目に殺したのは、役所広司自身である。
広瀬すずの尊厳を守るため、自ら死刑となる道を選んだ。

それを自覚的に行ったのかは最後まで自身が語ることはないが、「もうしそうなら、こんな素晴らしいことはない」というセリフから、そうなのかもしれないと思う。

中盤、広瀬すずが14歳のときから父親に日常的に犯されていたと告白したあたりから、極めて凡庸な展開になるのではないかと危惧していた。
広瀬すずが法廷で涙ながらに証言し、役所広司が「やめるんだ!」と叫んで裁判結果は情状酌量で軽くなるというような。

ところが、福山雅治が役所広司を忖度したのだろうか、広瀬すずを説得する。
このくだりは、ラストシーンで福山雅治と役所広司が重なって離れる表現に通じているのではないか。
福山雅治は、裁判を通じて役所広司と同じ心を持つようになっていったと思う。

そして、役所広司は自分の命と引き換えに広瀬すずの尊厳を守りきる。
凡庸な展開の予想を裏切ってくれて、本当に良かった。

【ネタバレ終わり】

救われるべき登場人物がすべて救われる終わり方ではなかったが、己の命と引き換えに守りたいものを守る姿勢に、しみじみとした。

さて、映画を見てただ楽しんでいるだけでは創作者として不十分である。

小説創作者として参考になった事項

この映画の主人公は福山雅治である。
なぜなら、ストーリーを通じて思想の変化が起こるからである。
エンタメの主人公は、堕落にしろ成長にしろ、必ず変化しなければならない。
それを自覚的に書いていきたい。

もうひとつは、大団円につながる凡庸な展開は断固として拒否すること。
非常に難しいのだが、ハッピーエンドではなくても、心に何かが残る終わりかたを追求したい。
もちろん、メッセージを伝えるためにストレートに書くことを否定しているわけではない。

映画館で見る価値のある映画でした。
カウンター
プロフィール

原田 修明

Author:原田 修明
小説を書くオッサン。
少なくとも、一生書こうとは決めた。

リンク
発売作品
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
電子書籍の表紙依頼に使ってます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング