報いを受けるべき者が報いを受ける爽快感。 真島文吉「棺の魔王1」



「貴様らの理念、貴様らの理想、とうてい賛同はできんが、理解はした。私利私欲ではなく、ひたすらコフィンの民を絶滅させないため、より多くを生かすために行動したことは認めてやろう。元老院には、元老院なりの大義があったと、認めよう」
「……だが、殺すのだろう?」
「当然だ」(196ページ)


約1年ぶりにラノベレーベルを読んだ。

雨と曇りの王国コフィンに、圧倒的破壊力の兵器「神」を有する隣国スノーバが侵攻する。
あっという間に占領を完了したスノーバは、コフィンの民を完全に隷属させるため、精神的支柱となる英雄を次々と殺害していく。
王族としてただひとり残された王女ルキアは、スノーバ軍の司令官たちから与えられる屈辱に怒り、懊悩する。

ルキアがスノーバの幹部に呼び出されるところに出会うたび、この年になってもいたたまれない気持ちになる。
スノーバ軍司令官ユークは、大航海時代に植民地を次々と獲得したヨーロッパ諸国の論理の体現者であると思う。
作者は相当歴史を勉強していると思われるが、子供が犠牲者になる描写がないのは優しさなのか出版社の意向か。

実際のところ、ラス・カサスのインディアスの破壊についての簡潔な報告や高山正之の白い人が仕掛けた黒い罠などを読んでも判るとおり、異人種に対する植民地化の過程は苛烈である。
インディアスの破壊についての簡潔な報告に載っている、スペイン人がインディオの子供を壁に叩きつけて殺したり、並べて吊るして火あぶりにするなどの挿絵はシンプルなだけに気が重くなる。

インディオ

王女ルキアは苦労ばかりだが、部下には恵まれていて、冒頭は腹心のガロルが戦争の当初からスノーバと内通していた元老院を粛清する場面である。
立場が違っても論理と信念があり、それは理解する。しかし許せない。
ここで、許してともに戦おうという流れが悪い意味で道徳的だと思うが、ガロルは一刀両断にしてしまう。
なんだか新鮮でスカッとした。

続きも読みたい。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

狂気と正気は異世界ではなく同じ地平にある。 武田泰淳「富士」



くたばれ気ちがいども。気ちがいだからと言って、特別あつかいしてもらえると思ったら、とんでもない間違いだぞ。甘ったれるな。なれなれしくするな。もう理解なんか、してやらねえぞ。(550ページ)

昭和19年、精神病院で働く若き研修医が、患者たちに振り回されるうちに自らも狂気に侵食されていく。
冒頭の文は、混乱の巷と化した精神病院で、主人公の心の叫びもしくは本当の叫びである。

特に第10章「愛をもって接しなさい」は、主人公の子供であるイエスを妊娠したと信じている女の患者が、看護婦たちに説法をするうちに正気である看護婦たちも、何の抵抗もなく女と同じ狂気に賛同していくさまが素敵で、それに巻きこまれた主人公も、怒りのあまり狂気に足を踏み入れていく。

自閉症スペクトラムというように、狂気の程度はグラデーションであり、今は正気でもそのまま狂気に移行することは容易である。
正気と狂気の間に壁も谷もなく、普段から狂気は心の片隅に存在している。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

カウンター
プロフィール

原田 修明

Author:原田 修明
小説を書くオッサン。
少なくとも、一生書こうとは決めた。

リンク
発売作品
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
電子書籍の表紙依頼に使ってます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング