スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ときどき、何のために物語を書くのかを思い返す。

冬は、みじめな思い出が多い。
雪や冷たい雨が降る日は、外を見る前から判る。
気持ちが落ちこんでいるからだ。
湿度だか気温だかが過去の思い出を条件反射的に浮かび上がらせる。

そんなときには、執筆にも身が入らぬ。
金土日とさぼっている。

何のために書いているのか、書き続けているときには思い返しにくい。
書かない日があることによって、自分はなぜ書かなくてはならないかを明確に思い出す。

たぶん、物語を作ることが溺れるように好きだったら、やらない日はない。
書くことが苦しいから、書かない日がある。
おそらく、いわゆる天才とは創作に淫することができる人だと思う。

僕は、限られた執筆時間を、そのほかのことに使い、寝てしまったときに早起きして執筆したりはしない。
そこまで行くほど好きではないのだろう。

執筆を「商売」にしたいのである。
今は正業があり、家族が文化的に生活するには十分な収入があるが、それはいつまでも続くものではない。
退職後も細々と食っていける仕事を執筆にしたいのだ。

ときどき、ランサーズで小説30000~50000字を5000円~10000円という依頼も見かけるが、ちょっと待てと言いたくなる。
しかしながら、今まで5冊出した電子書籍の印税の合計は、1万円以下なのだ。
つまり僕の作品の金銭的価値をそう見ることもできる。
5冊分の文章の合計は40万字ほどだろう。
それを思えば、適正な価格なのだろうか。

正業がなければ飛びつくと思うが、生活基盤が安定している今は、アマチュアの特権を存分に使って、いろいろと試していきたい。
書いているうちに心が少し安定してきた。
執筆には、こういった効用もあるのかもしれない。
関連記事

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

原田 修明

Author:原田 修明
小説を書くオッサン。
少なくとも、一生書こうとは決めた。

リンク
発売作品
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
電子書籍の表紙依頼に使ってます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。