FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成29年、どれだけ書いたか。

平成29年、どれだけの執筆活動をしたか振り返ってみたいと思う。

今年の目標としては、執筆体力をつけることを重視した。
具体的には、ひと月に30000字から始まり、最終的には60000字をコンスタントに書けるようにすることである。
振り返ってみると、30000字を突破するようになるまで半年かかった。
10月と11月は、40000字を突破した。

去年を振り返ってみれば、大きな進歩であると思う。

次に、創作したものについて。

電子書籍は、

ティアマリア・エステミロワ第2巻
僕とオタクと神様で女子中学生を奪い合う。

以上の2冊を販売。

書き上げた作品は、

ティアマリア・エステミロワ第2巻(251枚)
ティアマリア・エステミロワ第3巻(266枚)
男子高校生と赤ちゃんが入れ替わるエッチな話(仮称)(300枚)
花嫁人形(34枚)
最初の小説(89枚)

以上の5作品。
「僕とオタクと神様で女子中学生を奪い合う。」は4年前書いたものの改稿なのでカウントしていない。

「ティアマリア・エステミロワ第3巻」は来月発売予定。
「男子高校生と赤ちゃんが入れ替わるエッチな話(仮称)」は、賞に出すか電子書籍にするか検討中。
「花嫁人形」は北日本文学賞に投稿するも1次落ち。
「最初の小説」は賞も電子書籍も予定なし。

あと、オールド・スパイダーWIT STUDIO賞 WITノベル部門に応募した。

長編を3作、短編を2作仕上げることができたのは、おおむね満足である。

昨年、執筆する者として最低限のことしかできなかったことを考えると、今年はまあまあだった。
来年は、ティアマリア・エステミロワ第4巻~6巻のほか、長編3作またはいくつかの短・中編を書き上げたい。
関連記事

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

原田 修明

Author:原田 修明
小説を書くオッサン。
少なくとも、一生書こうとは決めた。

リンク
発売作品
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
電子書籍の表紙依頼に使ってます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。