スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国会議員になった女盗賊。 プーラン・デヴィ「女盗賊プーラン」



わたしに対してできることは、彼らはもう全部やり尽くしていたからだ。彼らは最悪のことまでしていた。だが、わたしはまだ生きていた。 肝心なのはそれだった。殴られ、辱められてもわたしはまだ生きていて、復讐を誓っていたのだ。(上・218ページ)

生きながら死ぬという感覚がわかっているのは、わたしだけだ。若い娘が婚約者の村へ行く日を待ちながら、火をおこしチャパティを焼いている年頃に、 わたしはもう、ジャングルの中で石になっていた。石には感情も後悔もない。わたしはもはや女ではなかった。石は男と結婚するわけにはいかない。わたしを 石にしたのは男なのだから。(下・232ページ)


インドの低カーストに生まれた少女プーランが、はるか年上の男との強制結婚から始まり、輪姦、恋人の殺害といった過酷な運命を経て盗賊の頭領となり、 ついには文盲ながら国会議員までになるという、実話。以前テレビでも見たことがある。

これが実話だということに、人間の想像力は現実を超えることはできないのだと思い知らされる。
彼女に正気と命を保たせたのは、愛ではなく、本文にもあるように煮えたぎる復讐心と怒りである。嘆きと涙はとうに使い果たし、残ったのは怒りだけだった。

波瀾万丈の彼女の人生は、暗殺によって幕を閉じる。いつかプーラン自伝を超えるような物語を書いてみたい。



面白かった、と思ったらランキングの応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 小説ブログへ
関連記事

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

原田 修明

Author:原田 修明
小説を書くオッサン。
少なくとも、一生書こうとは決めた。

リンク
発売作品
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
電子書籍の表紙依頼に使ってます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。