熊本地震で聞いた嫌なこと。と怪我の功名

水道が復旧してから、水を飲むとレモンの味がした。
熊本は「蛇口からミネラルウォーターが出る」と言われた地下水の豊富な県なので、違和感があった。
後日、掲示板に「水道水は飲用ではありません(煮沸すれば飲めます)」と張り紙があった。
多分消毒用の塩素が塩酸になって、それでレモンの味がしたのだろう。

これは本題ではない。

ご主人が健軍駐屯地に勤務する自衛官である女性に聞いた話だが、地震のあった14日の夜、心の冷えるできごとがあったらしい。
1回めの震度7のあと、ご主人はすぐ登庁し、女性は幼い子供たちをつれて、官舎からもっとも近い指定避難所である東町小学校に行った。
そこで避難者のひとりから、

「自衛官の家族がさっさと逃げてくるな。民間人を優先しろ」

と言われたらしい。結局女性は官舎に戻った。

僕の妻も見ているが、東町小学校では女子供をさしおいて避難者同士で毛布やマットを取り合う醜い光景があったようだ。

ご主人は災害派遣に行かなくてはならないのに、家族がこんな目に遭っていたら安心して仕事ができないだろう。
このあたりは反自衛隊的な思想の持ち主が多いというよりは、人間性に問題がある住人が多いのではないか。

また、給水支援の自衛官に対し執拗に焼酎を求める避難者もいたと聞いている。
これは熊本人らしい心温まるエピソードである。

次に怪我の功名だが、1日1個のおにぎりを3人家族で分け合う避難所生活の中で、

妻の体重が2週間で3キロ減り喜んでいること
次男の好き嫌いがなくなったこと

これらが不自由な生活の効用である。



面白かった、と思ったらランキングの応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 小説ブログへ
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

原田 修明

Author:原田 修明
小説を書くオッサン。
少なくとも、一生書こうとは決めた。

リンク
発売作品
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
電子書籍の表紙依頼に使ってます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング