熊本地震以降、本の読み方が変わった。

読書は1冊のノートにまとめなさいという本を参考にして、読書ノートをつけている。
読書記録だけでなく、日誌であり、ネタ帳でもある。
この中に、探書リストを作っておき、興味のある本はとにかくリストアップして、忘れないようにしておくとよいという記載があって、それも行っていた。

熊本地震が起こるまでは、僕の本の入手先は85%図書館だった。
しかし、地震後はしばらく県立市立問わず図書館がしばらく閉鎖され、復活後も欲しい本をインターネットで予約して近所の区民館で受領できるシステムが使えなくなった。

僕は東区に住んでいるが、中央区の市立図書館まで行けばかなりの本はあるものの、なかなか遠くまで足も運べず、地震以降図書館は利用していない。
そうなると、入手手段は購入のみになる。
金持ちでもないので好きなだけ本を買うことはできない。
自然と、家にある本の再読が多くなる。

特に、坂口安吾の白痴から短編を拾い読みしたり、スティーブン・キングの小説作法や筒井康隆の創作の極意と掟などの作法の本を再読したりしている。

再読した本の中にたった1分で人生が変わる 片づけの習慣があり、本棚の整理についても書いてあった。
端的に言えば、
①何度も読み返す本②趣味や仕事に役立つ本③思い出の本
だけ残しておけばいいという。

確かにそれ以外であれば、本は地震のときに凶器となる以外に使いみちがない。
なので、本棚の大整理も少しずつ始めている。
一度は読みたくて買ったものの、愛着のない本が思いのほか多くて驚いた。
ぱっと見て、4割は減った。

作法の本はほとんど減らなかった。
かつて作者買いして、全巻生き残っているのは、池波正太郎、隆慶一郎とトマス・クックだけである。
残念ながら、森見登美彦と道尾秀介はかなり減った。
谷崎潤一郎、坂口安吾、O・ヘンリといった文豪は強い。
夢枕獏もほとんど減らない。

安易に図書館が使えない状況というのも、自分の手持ちを精査する機会を与えてくれて、悪くはない。



面白かった、と思ったらランキングの応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 小説ブログへ

関連記事

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

原田 修明

Author:原田 修明
小説を書くオッサン。
少なくとも、一生書こうとは決めた。

リンク
発売作品
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
電子書籍の表紙依頼に使ってます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング