自分が面白いと感じるものしか書かない。

購読している有料ブロマガにタイトルのとおりの一文があった。

結論から言うと、まさに我が意を得たりなのだが、結局のところ商売にしようと思わないかぎりは、それを目指していいのではないか。
僕は、僕の作品の最初の読者である僕自身を喜ばせるものを書こうと思い、いくつかはそういうものを書くことができた。
しかし、僕だけが喜ぶものは商売にならないと今年になってから自覚した。

もちろん、賞によってはテーマがあり、それに従って書くことが不得手というわけではない。
そう言いながらも、激しい暴力や公衆の面前にさらせない不道徳な部分のないストーリーは、常に物足りない。
長編新人賞を取りたいという思いは常にある。
きっと多くの読者が喜ぶものも書けるのだろう。
しかし、その枠内で100%の力を出す方法はいまだに知らない。

自分にとって、物語を書くとは何なのか。
商売にしたいのか、感想がほしいのか、ただ自分を喜ばせたいのか。

答えは、自分を喜ばせるために書くものが商売になることである。
今は、商売にするよりも自分を喜ばせるものを書きまくることを優先する。



面白かった、と思ったらランキングの応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 小説ブログへ
関連記事

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

原田 修明

Author:原田 修明
小説を書くオッサン。
少なくとも、一生書こうとは決めた。

リンク
発売作品
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
電子書籍の表紙依頼に使ってます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング